肌が荒れる原因と対策

肌がちょっとしたことで赤くなるのはなぜ?

顔の肌が赤みを帯びるのには様々な理由がありますが、赤くなりやすくて困っている、気になるという悩みを抱えている方は珍しくないものです。肌がすぐ赤くなってしまう原因の一つには、顔の皮膚が通常より薄く敏感であることが挙げられます。

 

私達の肌の表皮はとても薄いもので、なんと0.2ミリ程度しかありません。目の周りや口元の皮膚はさらに薄く、ちょっとした刺激で様々な影響を受けやすい場所です。
0.2ミリの薄さですが、様々な菌や外気の刺激などから守ってくれる大切な役割を持っています。

 

現代の私達の生活は、皮膚に刺激を与えすぎている場合があります。毎日のお化粧、日焼け止めなど肌に直接塗るものが多く、さらにそれを専用のクレンジングで落とす手入れもあります。この時、肌に刺激の強い成分が入っていると、たちまち肌への刺激となってしまいます。

 

近年はメイク直しの手間がいらないよう、落ちにくかったり崩れにくかったりするものが人気がありますから、落ちにくいものをキレイに落とすためのクレンジングが、思いもよらない強い刺激になってしまっていることもあるのです。

 

この強い刺激が、正常な肌のターンオーバーを無理に早めてしまっていることがあります。私達の肌のターンオーバーは、正常な場合28日周期で訪れますが、刺激が重なることでその周期が早まり、結果として未成熟なままの角質がはがれてしまうなど、肌にとって悪い影響が出てしまいます。

 

このように肌にとって強い刺激が加わることが重なっていくと、皮膚が敏感になり、刺激に弱くなるため少しの刺激でも肌が赤くなってしまうようになるのです。

 

 

肌荒れを起こしやすい状態は大人ニキビができやすい

肌荒れは空気の乾燥によって肌表面の水分が奪われることでもなりやすくなります。
肌が乾燥すると皮膚細胞を守っているバリア機能が低下したり、乾燥して硬くなった古い角質が毛穴に詰まることによってニキビができやすくなり。
このようなニキビはアダルトニキビや大人ニキビと呼ばれていて、20代〜50代の特に女性に多くみられるニキビです。

 

大人ニキビが女性に多いのは、生理周期の乱れや更年期などホルモンのバランスを乱しやすいことが原因の一つとされています。
ストレスやホルモンバランスの乱れによって皮脂バランスが崩れているところへ、肌の感想や毛穴詰まりが重なると大人ニキビができやすくなります。

 

つまり肌荒れを起こしやすくなっている状態はニキビが出来やすいという状態ということになります。

 

大人ニキビは思春期にできるニキビと違って、スキンケアで保湿してあげることが早く治す秘訣です。
大人ニキビのスキンケアについてはこちらのサイトがとても詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。
 大人ニキビを治す方法 1週間で改善できる ニキビケア特集

 

大人になってからできるニキビは、周期的に治ったりまたできてしまったりを繰り返しやすい場合が多いようです。
しっかりニキビ対策のスキンケアをして予防することがとても大切です。また、ニキビ予防のスキンケアは肌荒れの解消にもなり、カサカサ肌やちいさなポツポツができてしまうような肌が荒れやすいかたにもとってもおすすめです。

 

・おすすめの目元美容液サイト
目元美容液
目元はアイメイクや洗顔でゴシゴシ洗うとダメージを受けやすく、特に年齢がでやすい場所ですので目元ケアに重点をおいた目元専用美容液がおすすめでs。